セラミック・ジルコニア治療

セラミック・ジルコニア治療の推奨

当院では可能な限り、歯を削らない、抜かないことを理念とした治療を行っています。
しかしむし歯の進行度によってはどうしても削る必要があり、その際は被せ物で対処します。
また、サイズの合わない銀歯を使用している患者様に対しては、新しい被せ物による治療が必要です。

このように被せ物が必要となった場合、当院ではセラミック・ジルコニアを提案させていただいております。
ただしセラミック・ジルコニア治療は自由診療のため、どうしても費用は高くなってしまいます。
そこで、保険診療の銀歯の被せ物との違いを理解していただけるよう、分かりやすい説明を心掛けています。

セラミックとは

まずセラミックから説明すると、セラミックとは陶器を材料とした被せ物です。
見た目が大変美しいことから、近年では被せ物に銀歯よりもセラミックを選択する人が多く、審美歯科でもセラミック治療は一般的なものになりつつあります。

最も、セラミックやジルコニアは様々な種類や特徴があり、症例や患者さんに希望によっても使う素材が大きく変わってきます。当院ではその中でもジルコニアを用いた治療を推奨しています。
では、ジルコニアは他のセラミックや銀歯に比べて何が優れているのでしょうか。

セラミック・ジルコニア治療はなぜ優れているのか

まず銀歯と比較すると、言うまでもなく審美性に優れており、これは他のセラミックでも同じことが言えます。
特にジルコニアは白く透明感があり、経年変化による変色もないので美しさを維持できます。
また、銀歯と違ってプラークが付着しにくいので二次虫歯になりにくく、金属アレルギーの心配もありません。

つまり「審美性の高さ」、「二次虫歯の予防」、「金属アレルギーが起こらない」、ジルコニアは銀歯と比べてこれらの点に優れているのです。
では次に、ジルコニアが他のセラミックに比べて優れている点を説明します。

セラミックは銀歯に比べて審美性にも機能性にも優れていますが、唯一強度は銀歯に劣ります。
セラミックは陶器ですから、強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがあるのです。
そして、そんなセラミックの脆い欠点を克服しているのがセラミック・ジルコニアです。

何しろジルコニアはダイヤモンドの代わりとして用いられることもあり、硬すぎるほどの硬さを誇ります。
つまりセラミックの審美性と機能性を持ち、なおかつ銀歯の頑丈さも持っている、セラミック・ジルコニアは言わば万能で最も優れた被せ物と言えるのです。

保険診療の限界

現在の日本の保険治療の制度では、一部特殊なプラスチック素材を使用する部位があるものの、被せ物においては基本的に銀歯が保険治療となっています。
しかし銀歯は見た目が悪く、金属が溶け出すことで歯肉も黒く変色してしまいます。

また、二次虫歯も起こりやすく金属アレルギーの対象にもなるため、満足を得られない患者様が多いのです。
これは健康保険適用の条件を考えると仕方のないことで、健康保険適用となる治療は「健康になる上で最低限の治療」でなければならないのです。

つまり、審美性の高さや二次虫歯の予防…いわゆる被せ物としてプラスαの特徴があるセラミックは、健康保険適用の条件に当てはまらないのです。このためセラミック・ジルコニアは費用が高くなるものの、それでも得られる満足度の高さから、被せ物として現在ではセラミック・ジルコニアが主流になっているのです。

セラミックはどんな人に向いているのか

保険診療の銀歯ではなく敢えて自由診療のセラミックにするのは、一見贅沢に思えるかもしれません。
しかし、ここでお伝えしたようにセラミックにすることで様々なメリットがあります。
では、どんな人が被せ物をセラミックにすることに向いているのでしょうか。

自然な仕上がりを望む人

本来被せ物はむし歯の治療跡ですから、人に見られたくない部分です。
しかしセラミックは見た目が美しく、天然の歯と比べても遜色ありません。
このため、人に堂々と笑顔を見せられる自然な被せ物にしたい人にはセラミックがおすすめです。

被せ物を長持ちさせたい人

被せ物は人工物ですから、年数が経てば劣化していきます。
ただしこのような被せ物の寿命は一定ではなく、材料によって全く異なるのです。
そして、最も長持ちする材料がセラミックなのです。

歯の寿命を延ばしたい人

被せ物をした歯にむし歯が再発することがあり、これを二次虫歯と呼びます。
銀歯はプラークが付着しやすく歯と接着しにくいため、細菌が侵入してこの二次虫歯が起こりやすいのです。
その点セラミックならプラークが付着しにくいので、二次虫歯を予防して歯を守ることができます。

当院の3つのお約束

当院で被せ物の治療を行う場合、次の3つのお約束をお守りします。

拡大視野下においての精密治療

当院では拡大鏡という特殊なレンズを使用しており、これによって肉眼の3.5倍~10倍の拡大視野下で治療することが可能です。
肉眼よりはるかに高い精度で治療できることで被せ物の精度もより高くなり、むし歯や歯周病の予防に大きなプラス効果をもたらします。
(当院では保険診療、自由診療、クリーニング、全ての治療に拡大鏡を使用しています)

「個歯トレー印象法」による精度の高い被せ物の製作

被せ物を製作するにはトレーという型枠で歯型を取る必要があります。
通常は既製のトレーによって歯型を取るのですが、当院では「個歯トレー」…いわゆる患者様それぞれの歯に合わせたオーダーメイドのトレーを製作して歯型を取っています。
その分一般的な治療よりも技術や材料が必要となりますが、患者様の歯にピッタリ合ったトレーを使用することで従来よりもはるかに精度の高い被せ物が製作できます。

全ての過程において最高の材料を使用して治療

被せ物は、全ての治療過程においての材料が見た目の美しさや耐久性に影響してきます。
当院では全ての材料を吟味した上でその時点で最高の材料を使用しており、これによってむし歯でうしなった部分を強く美しく回復させることを実現しています。

当院ではカタナジルコニアの被せ物を使った治療をしています。

当院ではカタナシステムを使用した、ジルコニア冠を使用しています。カタナジルコニアは専門の歯科技工士の手により、採集したあなたの歯型から最新のデジタル機器でデータを作成し、技工士の手によりあなたの葉の特徴を色付け・形付けを行います。また従来のジルコニアとと比べ約1.4倍の透光度を持ち、透明感のある修復物の作成が可能です。

READ MORE