ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニング

歯の黄ばみなど、歯の色に対して悩みを抱える人は多いと思います。
従来、歯を白くするには歯を削って覆い隠す方法が一般的でしたが、それは歯に負担を掛けることになります。近年では、歯に負担を与えない「ホワイトニング」…これが歯を白くする最良の方法と言われています。

最も、ホワイトニングは芸能人やアイドルだけが行うイメージがあるかもしれませんが、最近では審美治療を希望する人が増加しているため、ホワイトニングも一般化しつつあるのです。
特に欧米では変色した歯の治療だけでなくエステティックまで、ホワイトニングが大ブームになっています。

ホワイトニングの仕組み 

ホワイトニングの仕組み

治療内容としては歯の表面に薬剤を塗布するだけですが、これによってなぜ歯が白くなるのでしょうか。
まず歯の表面はエナメル質で覆われているのですが、ホワイトニング剤によってエナメル質内に入り込んだ着色物質が分解され、無色透明になります。
これでエナメル質の着色が落ちて無色透明になったわけですが、これだけでは歯は白くなりません。

なぜならその奥にある象牙質が黄ばんでいるからで、表面のエナメル質が無色透明になったところで黄ばんだ象牙質が透けて見えてしまうのです。
例えるならこの時点ではエナメル質は透明ガラスに等しい状態になっており、ガラスの向こう側にある汚れ…すなわち黄ばんだ象牙質がそのままうつってしまっているのです。

これを解決するには透明ガラスをマスキングさせ、浴室のガラスのような曇りガラスにすることです。
さて、ホワイトニング剤によって酸素が発生しますが、この酸素によってエナメル質の構造が球状に変化します。
そうするとエナメル質に光が乱反射して曇りガラスのようになり、黄ばんだ象牙質が見えなくなるのです。
つまり「歯の黄ばみを曇りガラスで覆って白く見せる」…これがホワイトニングの仕組みです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには3つの種類があります。
それぞれで何が違うかと言うとポイントは2つ、それは「方法」と「場所」です。
つまりホワイトニングの種類によって行う方法と行う場所が異なります。

オフィスホワイトニング

当院のような歯科医院で行うホワイトニングです。歯科医が治療を行うために熱やレーザーが使用でき、その結果薬剤の効果を高められるために早く歯を白くできるのがメリットです。

1度で白くならないこともあり、一般的には1回~4回の通院が必要です。
ちなみに、早く白くできる反面持続期間は他の種類に比べて短く、定期的に行う必要があるのがデメリットです。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングです。薬剤を使用する点は同じですが、塗布の方法としてマウスピースを使用します。
つまり、マウスピースに薬剤を注入して装着することで歯を白くできるのです。

自宅で行うため、歯科医院に頻繁に通院する必要がないのがメリットですが、マウスピースや薬剤の受け取りは歯科医院で行うため、通院回数がゼロになるわけではありません。
効果面での特徴はオフィスホワイトニングと真逆で、効果で出るまでに時間がかかる分、持続期間は長めです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
当然それぞれの方法のメリットが反映されるため、短期間で効果が出てなおかつ持続期間も長くなります。
このため最も効果が高い方法ですが、その分費用が高くなるのがデメリットです。

ホワイトニングのメリットとデメリット

歯を白くしたいからホワイトニングをする…それはあまりにも安易すぎます。
ホワイトニングも治療の1つですし、それゆえメリットとデメリットがあるのです。
ホワイトニングのメリットとデメリットを知り、それを考慮した上で行うかどうかを決めましょう。

ホワイトニングのメリット

何度でも行える

ホワイトニングは重ねて行うことができますし、それによって歯がダメージを受けることもありません。
ホワイトニング剤の主要成分である過酸化水素は米国食品医薬品局(FDA)でも安全が保障されており、安全性において問題ないですし、副作用が起こることもありません。

色調や明度が調節可能

ホワイトニングを行う回数や期間によって、ある程度希望の色に調整することができます。
つまり、単に白くするだけでなくどの程度白くするかを決めることができますし、可能な限りその色…要するに希望する明るさに調節することができるのです。

治療費を抑えることができる

歯を白くする方法はホワイトニングだけではありません。
マニキュアのように貼り付けるラミネートベニア、もしくはセラミックの被せ物にする方法もあります。
そして、ホワイトニングの治療費はそれらに比べて安くなっているのです。

ホワイトニングのデメリット

効果の持続期間は6ヶ月~1年半程度

ホワイトニングによって白くなった歯は、その白さが永久に持続するわけではありません。
ケアにもよりますが、一般的には6ヶ月~1年半程度で後戻りが起こってしまうのです。
最も、ホワイトニングは何度でも行えるため、重ねて行うことで結果的に白さを維持することは可能です。

効果が得られないケースがある

ホワイトニングはどんな歯でも白くできるわけではなく、効果が得られないケースもあります。
まず確実に効果がないのが人工歯…銀歯、入れ歯、差し歯などをホワイトニングすることはできません。
また、テトラサイクリンによる歯の変色の場合も、ホワイトニングでは白くなりにくいと言われています。

一時的に知覚過敏が起こることがある

歯の表面に小さなヒビや傷がある、詰め物に隙間が生じている、こうした場合はエナメル質が薄くなって象牙質が剥き出しになっているため、刺激に対して敏感になります。
このためホワイトニング剤が刺激となって歯がしみる…いわゆる知覚過敏が一時的に起こることがあります。

ホワイトニングにはこのようなメリットとデメリットがあります。
メリットだけに捉われず、必ずデメリットも把握してから治療を決断してください。

READ MORE