歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌によって引き起こされる感染症の病気です。
歯の周囲の歯肉や骨に炎症を起こしますが、具体的な症状は進行度によって大きく異なります。
歯周病は進行すると最終的に歯が抜け落ちてしまい、実際に日本人が歯を失う要因として最も高いのが歯周病です。

また、歯周病は生活習慣病の要素も持ち合わせています。直接の要因は細菌の塊であるプラークですが、それ以外にもストレスや喫煙、歯ぎしりや食生活、歯並びや妊娠などで歯周病を発症させることもあるのです。
このため、日本人の成人のおよそ8割が歯周病、もしくはその予備軍とも言われており、初期段階の歯周病を意味する歯肉炎に至っては小学生の子供ですら掛かっています。

歯周病の進行と症状

歯周病の進行は初期段階、中期段階、重度段階の3段階に分けられており、それぞれ起こる症状が異なります。
また、歯周病になると歯と歯肉の間の溝である歯周ポケットが深くなりますが、歯周病の進行に比例して歯周ポケットの溝はさらに深くなっていきます。

初期段階の歯周病

歯周ポケットの溝の深さが3ミリ以下の状態で、歯肉炎とも呼ばれます。
この段階では歯肉が炎症を起こして腫れや変色が起こるものの、骨までは破壊されていません。
歯肉の炎症による影響で、歯磨きや食事の時に歯肉から出血しやすくなります。

中期段階の歯周病

歯周ポケットの溝の深さが3ミリ~6ミリの状態で、歯周炎とも呼ばれます。
歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされることで、その影響で歯肉が下がって歯の根元が露出します。
歯の根元はエナメル質に覆われていないため、冷たいものや熱いものの飲食でしみるようになります。

重度段階の歯周病

歯周ポケットの溝の深さが6ミリ以上の状態で、歯槽膿漏とも呼ばれます。
歯槽骨がさらに溶かされることで歯がグラつくようになり、触っただけでも動いてしまいます。
歯肉は膿みを溜めて腫れ、その影響で口臭も酷くなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

…歯周病で歯が抜けるのは、歯周病によって歯槽骨が溶かされてしまうからです。
歯槽骨は歯を支える役割を担っているため、これが溶かされることで歯は支えを失ってしまいます。
支えを失った歯は不安定になってグラつきはじめ、やがて抜け落ちてしまうのです。

歯周病の治療方法

歯周病は進行度によって症状が全く違いますが、これは治療方法においても同じことが言えます。 つまり、歯周病の治療方法は進行度によって異なってくるということです。

初期段階の歯周病治療

初期段階の歯周病なら、歯のブラッシングをしっかりと行ってプラークコントロールすれば治せます。
ただし精度の高い歯磨きを行うには、デンタルフロスや歯間ブラシも使用すべきでしょう。
また、歯石がついている場合は歯磨きでは除去できないため、歯科医院で歯石除去を行う必要があります。

中期段階の歯周病治療

歯周ポケットの中にプラークや歯石が溜まっており、これは歯磨きで除去することはできません。
このため、歯科医院で専用の器具を使用して歯周ポケット内を清掃しなければなりません。
また歯周ポケットの溝の深さ次第では、歯肉を切開する「フラップ手術」が必要なケースもあります。

重度段階の歯周病治療

重度段階になると歯周ポケットの溝は相当深く、溝に溜まったプラークや歯石を外側から除去できません。
このため歯肉を切開し、歯根を露出させた状態で歯石を除去するための「フラップ手術」が必要です。
また、進行しすぎて歯のグラつきが酷い場合は抜歯せざるを得なくなります。

歯周病の怖さ

歯周病はむし歯のような辛い痛みはなく、そもそも進行するまでは目立った自覚症状すらありません。
このため、中には歯周病を怖くない病気と考える人がいますが、それは大きな間違いです。
歯を失うのはもちろんですが、それ以外にも歯周病には次のような怖さがあります。

心臓疾患・脳梗塞

歯周病菌が血管の中に入り込むと、血管の中に血栓を作りやすくなります。
それによって心筋梗塞や狭心症のような心臓疾患、さらには脳梗塞が起こりやすくなります。

糖尿病

糖尿病と歯周病の関連は深く、糖尿病の人は歯周病が重症化しやすい傾向があります。
一方、歯周病の人は糖尿病を起こしやすいとも言われているのです。
実際、歯周病の治療を行うことで血糖値が安定するという報告も多々されています。

誤嚥性肺炎

老化現象により反射機能が衰えることで、唾液と一緒に口の中の歯周病菌が肺に入り込むことがあります。
そうなると肺炎を起こしてしまい、危険な状態に陥ってしまうことがあります。

早産・低体重児出産

妊娠した女性が歯周病になると、早産や低体重児を出産するリスクが数倍高まることが確認されています。
しかもそのリスクの高さは喫煙やアルコール以上のものだとされています。

消化器系疾患

歯周病菌の中にはピロリ菌と共通する抗原を持っているものがあり、それが胃炎や胃がんの原因となる可能性があると言われています。

関節リウマチ

歯周病菌が関節の内部に入り込むと、炎症を起こして関節リウマチを引き起こす可能性があると言われています。

もちろんどれも絶対に起こるとは限らないものの、歯周病になることで起こってしまうリスクを抱えてしまうことは事実です。

歯周病に関する注意

定期健診

歯周病は、「静かなる病気」と表現されるくらい自覚症状の少ない病気です。
自覚症状がなければ自分が歯周病であることに気付けず、気付いた時には重症化していたというケースは決して珍しくありません。

歯周病は怖い病気ですが、進行する前にきちんと対処すれば充分治療可能です。
このため、口の中だけでなく身体全体の健康を守るためにも、ぜひ定期的に健診を受けて歯周病ケアをしっかりと行っていくようにしましょう。

READ MORE