小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは

小児歯科とは、子供の歯の治療を専門に行っている歯科医院です。
小児歯科については「何歳までの子供が対象になるのか?」という質問をよく聞きますが、対象年齢における明確な定めはなく、おおよそ永久歯に全部生え変わる中学生くらいまでが対象と思っていいでしょう。

一般歯科ではダメなのか

小さな子供でも一般歯科で治療を受けることは可能ですが、子供にとって歯科医院というのは大人以上に恐怖を感じる場所です。
その点、小児歯科は子供を対象にしているため、楽しんで治療を受けられるような様々な工夫をしています。
これによって、小児歯科なら小さな子供でも嫌がることなく治療を受けることができるのです。

どんな治療をしているのか

小児歯科では、成長期にある子供のむし歯や歯肉炎のような歯周病治療、乳歯の抜歯や健全な噛み合わせを作っているための予防処置や矯正治療などを行っています。
最も、むし歯や歯周病の治療と聞くと一般歯科と変わらないと思うかもしれませんが、小児歯科なら歯や顎の成長を視野に入れてのより質の高い治療を行えます。

子供の歯を守るために親がすべきこと

いくら優秀な歯科医がいたとしても、小児歯科に通うだけでは子供の歯を守ることはできません。
子供の歯を守るには、毎日の生活の中で親が注意しなければならないことがいくつかあります。
それらを徹底した上で小児歯科に通う…つまり小児歯科と親との連携が大切です。

親のむし歯予防の徹底

親のむし歯予防

むし歯はむし歯菌による感染症ですから、人から人にうつります。
正確には唾液を介してうつるため、口うつしの食事などによって親から子にうつってしまうことがあるのです。
むし歯菌をうつされた子供はその後むし歯にかかるリスクが高まるため、子供だけでなく親もむし歯予防を徹底しなければなりません。

おやつやジュースのダラダラ食いをさせない

おやつやジュースは糖分が多い

これには2つの理由があります。1つはおやつやジュースは糖分が多いことで、多くの人が知っているとおり糖分はむし歯菌の大好物だからです。
もう1つの理由は、ダラダラ食いは次に食べるまでの時間の間隔が短くなるからです。
常に何かを食べているような状態になると歯の再石灰化が不充分となり、むし歯にかかりやすくなるのです。

寝る前の歯磨きを欠かさない

寝る前の歯磨き

歯磨きで大切なのは頻度ではなく精度ですから、頻繁にする必要はなく1日2回でも充分です。
1日の中で最もむし歯のリスクが高まるのは唾液の分泌量が低下する睡眠中ですから、寝る前の歯磨きはしっかりと行うようにさせてあげてください。
また精度を高める意味で、最後は親がきちんと仕上げをしてあげましょう。

小児歯科による予防治療

小児歯科でできることは、子供のむし歯などの治療だけではありません。
子供をむし歯などから守るための治療…つまり予防するための治療も行っています。
ちなみに、小児歯科では次のような予防治療を受けられます。

フッ素塗布

フッ素は歯を丈夫にし、むし歯菌の出す酸に負けない強い歯を作ります。
既に市販の歯磨き粉のほとんどにフッ素が含まれていますが、フッ素塗布はより濃度の高いフッ素を使用するため、子供のむし歯予防に絶大な効果があります。

シーラント

子供のむし歯で多いのが奥歯ですが、これは奥歯に溝があることで歯磨きの時に磨き残してしまうからです。
シーラントとは特殊プラスチックな使用して、そんな奥歯の溝を一時的に埋める治療です。
これによって奥歯の溝にむし歯菌が侵入できなくなり、むし歯を予防しやすくなるのです。

ブラッシング指導

むし歯予防の基本である、毎日の歯磨きの精度を高めることができます。
正確には治療ではなく指導であり、正しい歯ブラシの持ち方から磨き方にかけて歯科医が指導を行います。
また、子供だけでなく親の仕上げのやり方の指導も受けられます。

特に効果的なのはフッ素塗布

子供は歯磨きの技術が未熟な上に甘いものが大好きなため、大人以上にむし歯になりやすい傾向があります。
その意味で、お口の中をむし歯になりにくい環境にしておくことが大切になってきます。
そして、むし歯になりにくいお口の中の環境作りにおいて欠かせないのがフッ素塗布です。

フッ素は歯の質を強化し、むし歯菌の出す酸から歯を溶けにくくさせることができますし、むし歯菌の出す酸自体の生成も抑えることができます。
また、唾液に含まれるミネラルの沈着を促進させる効果もあり、歯の再石灰化の大きな助けになるのです。

特に、生えたばかりの乳歯や生えたての永久歯は歯の質が弱く、元々むし歯になりやすい状態にあります。
このため歯磨きだけではむし歯の予防が難しく、むし歯になりやすい状態にある歯を強くするためにも、親子で小児歯科に通って定期的に子供にフッ素塗布を受けさせてあげてください。

小児歯科の重要性

小児歯科の重要性

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるため、それほど大切ではないと考える人もいるかもしれません。
しかしそれは間違いで、乳歯を健康に保つことは将来生えてくる永久歯を守ることにつながります。
乳歯でむし歯が多いと、永久歯が生えてからもむし歯にかかりやすくなりますし、乳歯をむし歯で失ってしまえば、それが原因で永久歯の歯並びが悪くなってしまうのです。

また、小児歯科では歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼす子供のクセにも注意しています。
成長期だからこそ起こり得る問題や注意しなければならないことはたくさんありますし、小児歯科ではそれらの対処やお手伝いをしています。
子供の歯を守るためには、親と小児歯科が一緒になって協力することがとても大切です。

READ MORE