歯科検診

「治療のため」ではなく「予防のため」の歯科検診

「予防のため」の歯科検診

「皆さんはどんな時に歯科医院に行きますか?」
…この質問に対して、おそらくほとんどの人が「歯を治療するために行く」と答えるのではないでしょうか。

確かに、歯科医院には歯の治療を受ける時に行きますが、それだけなく予防のために行くこともでき、それがいわゆる定期歯科検診です。
そして、歯を守るためにはこの定期歯科検診は欠かせないのです。

歯科検診が必要な理由

歯科検診が必要な理由は主に2つあります。
1つはむし歯や歯周病を予防するためで、もう1つはむし歯や歯周病を早期発見するためです。

むし歯や歯周病の予防

むし歯は歯周病を予防するための基本は毎日の歯磨きです。
しかし、歯磨きだけでは予防として不充分であり、むし歯や歯周病を確実に予防することはできません。
むし歯や歯周病の原因菌は、歯に付着しているプラークという細菌の塊の中に存在しています。

そしてプラークは歯磨きで取り除けるため、実際に歯磨きによって全てのプラークを除去できればむし歯や歯周病の予防は可能です。
しかしそれは現実的には不可能なことで、歯磨きではどうしても磨き残しが出てしまいます。

これを数値で示すと、歯ブラシによるブラッシングだけの場合、除去できるプラークは全体の約6割です。
さらにブラッシングとあわせてデンタルフロスを使用した場合、除去できるプラークは全体の8割です。
つまり、どんなに丁寧に磨いても2割~4割のプラークを磨き残してしまうのです。

歯のクリーニングでプラークや歯石を完全に除去

歯科検診では歯のクリーニングを行うため、歯磨きでは落としきれない汚れも確実に除去できます。
また、歯磨きでは対応できない歯石も除去できるため、お口の中全体を綺麗にできます。

むし歯や歯周病の早期発見

歯が痛む、しみる…こうした自覚症状が起こることで自分がむし歯だと気付きます。
仮にこうした自覚症状があった直後に歯科医院に行ったとしても、早期治療はできません。
なぜなら、自覚症状が起こる時点で既にむし歯が進行しているからです。

本当に初期段階のむし歯は痛みを感じないですし、歯に穴も開いていない状態です。
歯周病においても全く同じで、歯がグラつくなどの自覚症状は既に歯周病が一定以上進行しており、初期段階の歯周病は歯肉が変色する程度で目立った自覚症状はありません。

つまり、初期段階のむし歯や歯周病はそもそも気付くことが難しいのです。
もちろん進行してからでも治療は可能ですが、進行している分治療は長引きますし、治療で痛みを感じるなど、治療内容も患者様にとって辛いものになってしまいます。

お口のチェックでむし歯や歯周病を早期発見できる

歯科検診では歯科医が患者様のお口の中をチェックして、むし歯や歯周病がないかを丁寧に確認します。
このため、自覚症状がないほど初期のむし歯や歯周病をいち早く発見して早期治療できるのです。

歯科検診を受ける頻度

歯科検診

いくら効果の高い歯科検診でも、たった1回行くだけでは意味がありません。
むし歯や歯周病の予防、早期発見を継続するには定期的に歯科検診を受けることが大切です。
そこで、当院では3ヶ月に1度の検診をおすすめしています。

定期的に歯科検診を受けていれば、一定期間ごとに日頃のケアでは落とせない汚れを発見できるため、お口の中で細菌が増殖するのを防げます。
また、むし歯や歯周病も高い確率で早期発見できるため、それによって早期治療が可能です。

定期的な歯科検診は誰にでも必要

今までむし歯や歯周病になったことがなく、歯の健康に自信がある人でも定期的な歯科検診は必要です。
実際、お口の専門家である歯科医や歯科衛生士でさえ定期的な歯科検診を受けています。

知覚過敏について

当院で歯科検診を受ける患者様の中では知覚過敏の症状を持っている方がいますし、知覚過敏についての相談を受けることも多くあります。
そもそも知覚過敏とは、冷たいものがしみたり歯ブラシが当たった時にズキンと痛んだりなど、文字どおりささいな刺激に対して敏感にしみや痛みを感じる症状のことです。

知覚過敏のメカニズム

本来歯の表面はエナメル質で覆われており、このエナメル質がその奥にある象牙質を刺激から守っています。
だからこそ、私達は冷たいものや熱いものを飲食しても刺激を受けることがないのです。

しかし、何らかの原因でエナメル質が傷ついていると、守られているはずの象牙質が露出してしまいます。
象牙質は刺激に対して非常に敏感ですから、その象牙質が露出することで冷たさや熱さ、さらには触れただけでしみたり痛んだりするのです。

これが知覚過敏のメカニズムなのですが、問題は「何が原因でエナメル質が傷ついているのか?」です。
歯磨きの方法が悪いのが原因かもしれないですし、むし歯や歯周病が原因の可能性もあります。
診断しないことには原因は分からないですし、原因が分からければ改善することもできません。
このため、知覚過敏の症状で悩んでいる方も当院で歯科検診を受けてみてください。

READ MORE