むし歯治療

むし歯の原因

むし歯の原因

むし歯とは、むし歯菌の出す酸に歯が溶かされていく病気です。
このむし歯菌…すなわちむし歯の原因菌にはいくつか種類がありますが、最も代表的でよく知られているのはミュータンス菌と呼ばれている細菌です。
ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、歯の上にプラークと呼ばれる棲み処を作ります。

そしてプラークの中でせっせと酸を作って歯を徐々に溶かしていく…これがむし歯のメカニズムです。
最も、「ミュータンス菌が存在する=必ずむし歯になる」と言うわけではなく、実はほとんどの人がミュータンス菌を常在菌としてお口の中に持っているのです。
このミュータンス菌が糖分、プラーク、歯の質、時間の経過と絡み合った時、そこで初めてむし歯が発生します。

むし歯の進行段階と治療方法

むし歯の治療方法は一定ではなく、進行状況によって異なります。
ちなみにむし歯の進行状況は5段階に分けられており、それぞれCO、C1、C2、C3、C4と表します。
数字が高いほどむし歯が進行していることになりますが、COのOに関しては「ゼロ」ではなく「オー」と呼びます。

COの段階

エナメル質の表面が脱灰し始めている状態で、完全な初期のむし歯です。
脱灰によってその部分が白や茶色に変色していますが、まだ穴は開いていない状態です。

治療方法

再石灰化で治る可能性が高いため、削らずに経過観察して様子を見ることになります。
最も、ただ経過観察するだけでなく、本格的なむし歯に発展させないように注意しなければなりません。

C1の段階

C1

歯に穴が開き始めますが、エナメル質の表面までしか穴は開いていないので痛みはありません。
ただし、冷たいものを飲食した時には稀に一瞬だけしみることがあります。

治療方法

穴が開いてしまうと自然治癒しないため、状態によっては進行を止めるために歯を削ることがあります。
削った後は詰め物で処置しますが、この段階なら削ることによる痛みはそれほどありません。

C2の段階

C2

むし歯がエナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。
冷たいものや熱いものの飲食でしみるようになりますが、刺激をしなければ痛むことはありません。

治療方法

歯を削って詰め物で処置するのが基本なので、治療内容自体はC1の段階とほぼ同じです。
ただしむし歯の穴が深くなっており、そのまま削ると痛みを感じるので通常は麻酔を使用してから治療します。

C3の段階

C3

むし歯が象牙質からさらに奥の歯髄(歯の神経)にまで達した状態です。
歯髄が炎症を起こるため何もしなくても激痛を感じますし、痛み止めが効かないこともあります。

治療方法

歯を削るのはもちろん、炎症を起こした歯髄は麻酔を使用した上で除去し、さらに歯の根の治療も行います。
完全に症状が治まった後は歯の根の中に固形の薬を詰め、最後は詰め物や被せ物で処置します。

C4の段階

C4

むし歯の末期状態で、この段階になると歯はボロボロでほとんど残っていない状態です。
むし歯の影響でわずかに残った歯もやわらかくなっており、被せ物を使用することもできません。

治療方法

既に歯としての機能は果たせない状態になっているため、麻酔をして抜歯するしかありません。
抜歯後は人工歯である入れ歯やブリッジやインプラントなどを入れることになります。

歯科医院でできるむし歯の予防方法

予防治療

むし歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、それだけではむし歯の予防として不充分です。
確かにミュータンス菌が潜むプラークは歯磨きで除去できるものの、歯磨きというのはいくら丁寧に磨いても磨き残しが出てしまうのです。

実際、歯ブラシによるブラッシングではプラークの除去率は約6割とされており、4割も磨き残しがあるのです。
仮にデンタルフロスや歯間ブラシを使用しても全てのプラークを除去することはできないため、むし歯を予防するには健診を受けるなど、定期的に歯科医院に通って予防治療を受けるべきでしょう。

ちなみに、歯科医院では次のような予防治療を受けることができます。

  • 歯のクリーニング…歯の隅々まで綺麗にでき、歯磨きでは除去しきれないプラークまで落とせます。
  • ブラッシング指導…正しい歯磨きの仕方を教わることで、自分の歯磨きの精度を高められます。
  • 食事指導…日常生活で実践できる、むし歯になりにくい食事の仕方のアドバイスを貰えます。
  • フッ素塗布…むし歯になりにくい丈夫で強い歯にします。歯磨きに含まれているフッ素よりも高濃度です。

二次むし歯の問題と予防方法

一度治療して詰め物や被せ物で処置した歯が再度むし歯になることがあり、これを二次むし歯と呼びます。
二次むし歯はむし歯の中でも特に深刻で、二次むし歯と治療を繰り返せばその都度歯を削ることになり、やがては歯を失ってしまいます。

銀歯が二次むし歯を引き起こしやすい事実

そもそもなぜ二次むし歯は起こるのか?…そのきっかけとなるのは詰め物や被せ物に生じた隙間です。
本来、詰め物や被せ物はむし歯の治療跡を細菌から守るために歯を覆っていますが、年数が経ってこれらが劣化することで、歯との接着が剥がれて隙間が生じてしまいます。

そうなると、生じた隙間からむし歯菌が侵入して二次むし歯を引き起こしてしまうのです。
そして、詰め物や被せ物に銀歯を使用した場合、この二次むし歯が起こるリスクが非常に高くなるのです。
その理由は主に2つあり、1つは銀歯の場合プラークが付着しやすく、衛生面を保ちにくいということです。

もう1つは接着の問題で、そもそも銀歯で使用されている金属と歯は接着しにくいのです。
このためセメントが剥がれやすく、使用するにつれて隙間を生じさせてしまうのです。
銀歯は安いというメリットがあるものの、二次むし歯のリスクを高める意味でおすすめはできません。

二次むし歯を予防しやすいセラミック

詰め物や被せ物の種類として、二次むし歯を予防しやすいのはセラミックです。
審美性の高さだけが目立つイメージのセラミックですが、実は詰め物や被せ物としても大変優秀です。
まずセラミックはプラークが付着しにくいため、銀歯と違って衛生面を保ちやすいメリットがあります。

さらに歯との接着の相性が良いため隙間が生じにくく、劣化自体も起こりにくいのです。
費用が高くなるのは欠点ですが、大切な歯を守れると考えると一概に高額とは言い切れず、最近では審美性の高さだけでなく、二次むし歯を予防する目的でセラミックにする人も増えてきています。

また、既に銀歯を使用している人がセラミックの詰め物や被せ物に交換するケースも多いです。
実際に当院でもむし歯治療をした患者様に対しては、その後の二次むし歯予防のためにセラミックの詰め物や被せ物にすることを提案しています。

READ MORE