矯正治療

そもそも矯正歯科とは何?

矯正歯科とは

矯正歯科とは、歯の矯正治療を行う診療科のことです。
歯に矯正装置を装着して少しずつ歯を動かしていき、歯並びや噛み合わせの不正を改善するのが目的です。
最も、多くの人は矯正治療に対して「見た目のコンプレックスを改善する治療」のイメージを持っているでしょう。

確かにそれは間違いではないですが、矯正治療で得られる効果は見た目の改善だけではありません。
歯並びが改善されれば同時に噛み合わせも改善され、それによって身体を健康にする効果も得られます。
つまりコンプレックスだけでなく身体も健康になる…言わば心身を健康にするのが矯正治療です。

なぜ歯並びは悪くなるのか?

歯並びが悪くなる原因として「日本人は顎が小さいから」と挙げられることが多いですが、そういった遺伝的な骨格よりも、むしろ生活習慣の悪さが原因であるケースが非常に目立ちます。
例えば、次のような行為が歯並びを悪くしてしまいます。

日常的なクセ

歯並びが悪くなる大きな原因の1つは「クセ」です。
子供の頃…つまり成長期に歯や顎に力を掛けるようなクセがあると、歯並びや顎の成長に悪影響を与えて歯並びが悪くなってしまいます。
例えば「指しゃぶり」や「唇や爪を噛む」、「舌で歯を押し出す」や「頬杖をつく」クセなどです。

むし歯

乳歯は永久歯に生え変わるため、むし歯になっても問題ないと考える人がいますが、それは間違いです。
乳歯のむし歯が酷くなって抜かなければならなくなると、後ろに並んでいる歯が前に移動してきます。
そうすると永久歯の生える場所がなくなるため、ズレて生えてきて歯並びが悪くなってしまうのです。
これは永久歯にも言えることで、抜歯した歯を放置すると周囲の歯が移動して歯並びが悪くなります。

噛み方の問題

子供の時、やわらかいものばかり食べてしっかり噛まずに飲みこむ習慣をつけてしまうと、歯並びの形成や顎の発達が不充分になり、そうなると歯並びが悪くなってしまいます。

矯正治療が必要なケース

叢生(そうせい)

歯が凸凹したり、重なりあって生えていたりする状態で、乱ぐい歯や八重歯もこれに該当します。
歯が重なりあっていると充分な清掃ができないため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

上顎前突

上顎が前に出ている歯並びで、分かりやすい表現を使うと「出っ歯」です。
口を閉じにくいことで口の中が乾燥し、その影響で口臭やむし歯や歯周病を招きます。

下顎前突

いわゆる「受け口」と呼ばれるもので、下顎が上顎よりも前に出ている状態です。
発音が不明瞭になりやすく、特にサ行とタ行が発音しづらくなります。

開咬

上下の歯を噛み合わせた時に、前歯に隙間がある状態です。
発音に悪影響を及ぼし、滑舌が悪くなりやすくなってしまいます。

いずれの場合も成長期である子供の頃に矯正治療を行えば対処しやすいですが、大人になってからだと治療にあたって抜歯や顎の外科手術を行わなければならないケースもあります。
このため、矯正治療はできるだけ早いうちから行った方が良いことが分かります。

矯正治療の種類と方法

矯正治療と聞くと、歯に金属の装置を装着するイメージがある人も多いでしょうが、実際には複数の種類と方法があります。

マルチブラケット法

最もオーソドックスかつ一般的な方法で、歯の表に金属のブラケットを装着してワイヤーと通します。
金属ブラケットは目立ちますが、最近では審美性の高い透明なブラケットもあります。
応用範囲が広いため、様々な不正咬合に対応できるのがメリットです。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着する方法で、外側から矯正装置が見えないのがメリットです。
ただし、歯の裏側にブラケットがあることで、それならではのデメリットもあります。
目立たない反面違和感がありますし、費用が高めなのも欠点です。

マウスピース矯正

マウスピースが矯正装置になっているため、ブラケットと違って着脱式であることが大きな特徴です。
非常に薄い仕様のため周囲の人からも矯正治療中であることが目立ちにくく、食事の際にも外せます。
ただし矯正力はブラケットよりも劣るため、比較的軽めの不正咬合にしか対処できません。

セラミック矯正

特殊な方法であり、歯そのものを動かすわけではありません。
歯並びを改善するために歯を削り、その後歯の並びを整えたセラミックを被せます。
これによって簡単に歯並びを良く見せることができますし、治療期間も短くてすみます。
ただし、歯を大幅に削らなければならないというデメリットがあります。

このように矯正治療の種類と方法は様々ですが、歯科医院ことで対応している方法は異なります。
例えばマウスピース矯正においてもマウスピース自体に種類がありますが、取り扱っているマウスピースの種類も歯科医院ごとで異なります。

矯正治療における注意点

矯正治療自体は大人になってからもできますし、重度の歯周病さえなければ何歳からでも可能です。
しかし、不正咬合によっては大人になってからだと治療が大掛かりなものになりやすい問題があります。
例えば骨を切断する手術が必要になるなど、色々と条件が悪くなってしまうのです。

手術を伴えば入院が必要になり、そうなれば治療期間も長引いて費用にも影響してきます。
このため歯並びや噛み合わせの問題に気付いたら、できるだけ子供のうちから矯正治療を行うことをおすすめします。

READ MORE