根管治療

根管治療とは

歯の根である歯根を治療

根管治療とは、歯の根である歯根を治療することです。
歯の内部には歯髄腔と呼ばれる空間があるのですが、そこには神経や血管などの入った組織が存在します。
そして、歯髄腔は歯根の内部にある根管という管につながっているのです。

神経や血管もその内部を通っており、歯の外側に通じています。
根管治療とは、この根管の清掃や消毒を行う治療です。

根管治療が必要なケース

歯の神経(歯髄)が炎症を起こして激痛を感じる時

むし歯が進行すると歯髄まで達し、その影響で神経が炎症を起こしてズキズキと激痛を感じます。
このケースではいち早く歯髄…つまり歯の神経を除去する必要があり、その後根管内の細菌を全て除去して消毒し、薬を詰めて処置しなければなりません。

神経を除去した歯がズキズキと痛む時

神経を除去したはずの歯が、ズキズキと痛むケースです。
この場合、歯の根の奥に細菌が繁殖して炎症を起こしていることが考えられます。
炎症を取り除くために根管治療を行い、内部を消毒しなければなりません。

歯の根の先に膿みが溜まった時

むし歯で神経が死んでしまった歯、もしくは神経を除去した歯の根の先端に膿みが溜まることがあります。
この場合、歯の根の内部で細菌が繁殖しており、根管の外に膿みを溜めてしまっている状態になっています。
痛みの有無は状態次第で異なりますが、どちらにしても放置すると悪化するので根管治療が必要です。

…これらのケースでは根管治療が必要です。
またこれらのケースに注目すると、全てむし歯が関係しているという共通点があります。

「むし歯が進行して歯髄まで達する」、「むし歯治療で神経を除去した歯が痛む」、「むし歯で神経が死んだ歯の根の先端に膿みが溜まる」、いずれもむし歯が関係してきます。
つまり、むし歯を放置して悪化させてしまうと根管治療が必要になってくるのです。

根管治療の痛みについて

麻酔を使用して治療を行います

歯科治療で誰もが気にするのは痛みの有無でしょうし、歯根を治療する根管治療においてはなおさら痛みの有無が気になると思います。
ちなみに、根管治療の痛みの有無は歯の状態次第で異なります。

例えば神経が生きている場合はそのまま治療すれば痛むため、麻酔を使用して治療を行います。
麻酔が効くことで当然痛みは感じなくなりますが、神経の炎症が酷い場合は麻酔があまり効かないこともあるのです。

一方、神経が死んでいる歯や既に神経を除去した歯の場合は、麻酔を使用しなくても痛まないことが多いです。
ただし根の先端に神経が残っている場合などは痛みを感じるため、その際は麻酔を使用して治療を行います。

根管治療を行った場合、被せ物は何にするべきか

根管治療を行った後は、むし歯治療の際と同様に最終的に被せ物で処置します。
これは歯を守るためでもありますし、噛むことができるようにするためでもあります。
そして被せ物の素材を選ぶことができますが、ここでどの素材を選択するかが重要なポイントになります。

銀歯について

被せ物の素材として一般的なのは銀歯ですが、歯科医の視点から言うと銀歯は正直おすすめできません。
確かに銀歯は保険が適用されるのでセラミックに比べて安く、その点はメリットと言えるでしょう。
しかし、逆に言えば銀歯のメリットは費用が安いことしかなく、被せ物の素材としては優秀とは言えないのです。

銀歯の被せ物のデメリット

銀歯の被せ物は目立ち、とても審美性が高いとは言えません。
見た目の悪さはコンプレックスに繋がるため、人によっては会話するにも抵抗を感じるようになってしまいます。
さらに銀歯は金属ですから、金属アレルギーの対象になってしまうのも大きな欠点です。

また、銀歯で使用している金属は元々歯と接着しにくいため、長年の使用による劣化で被せ物の接着が剥がれて隙間を生じさせてしまいます。
そうなるとその隙間から細菌が侵入し、被せ物に覆われているはずの歯がむし歯を再発させてしまうのです。

これは二次虫歯と呼ばれるもので、実際に銀歯を使用している人の多くがこの二次虫歯に悩まれています。
しかも銀歯はむし歯の原因菌が潜むプラークが付着しやすいため、二次虫歯のリスクが非常に高くなるのです。
つまり、治療した歯を守るどころかさらに悪化させてしまう可能性があるのです。

セラミックの被せ物のデメリット

銀歯と全く対称的な特徴を持つセラミックは審美性が高く、天然の歯と比べても遜色ない美しさを誇ります。
さらに歯との接着の相性が良く、その上プラークが付着しにくいので二次虫歯を予防しやすいのです。
つまり、セラミックは審美性においても機能性においても銀歯を遥かに上回る高さを持っています。

このため被せ物として大変優秀なセラミックですが、デメリットが全くないわけではありません。
真っ先に挙がるデメリットは費用の高さで、セラミックは保険が適用されないので銀歯よりも高額です。
最も、それに見合う審美性と機能性があるため、費用に関しては一概にデメリットとは言い切れないでしょう。

ちなみにもう1つセラミックのデメリットを挙げると、銀歯に比べて脆いことです。
セラミックは陶器ですから、強い力で噛むことで割れてしまうことがあるのです。
そしてこの脆さこそ、セラミックの唯一のデメリットと言えるでしょう。

セラミック・ジルコニアのすすめ

セラミック・ジルコニアをおすすめ

当院では被せ物として、セラミック・ジルコニアをおすすめしています。
上記で説明したとおり、セラミックは銀歯に比べて美しく、さらに二次虫歯を予防しやすい特徴があります。
しかしセラミックには脆いという唯一の欠点があります。
そして、そんなセラミックの唯一の欠点である脆さを克服したセラミックがセラミック・ジルコニアなのです。

何しろジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほどですし、硬さにおいて申し分ありません。
さらにセラミックであるため、他のセラミック同様のメリットも兼ねそろえているのです。
つまりセラミック・ジルコニアはセラミックなので美しく、さらに二次虫歯にもなりにくい、その上金属に劣らない硬さを誇っているため、被せ物として最も優秀な素材だと考えています。

READ MORE