入れ歯治療

入れ歯の特徴

入れ歯

入れ歯は歯を失った時の対処方法の1つで、歯を全て失った場合や部分的に失った場合など、どういったケースにも対応できる治療方法です。
最も、最近ではインプラントが注目されていることあり、入れ歯はデメリットを取り上げられることが多くなっています。

とは言え、入れ歯は対応できるケースが多い上にインプラントのような手術も必要ないため、手軽に噛む機能を取り戻せるというメリットは健在です。
さらに最近では入れ歯の技術も飛躍的に向上しており、装着感や噛み心地など、様々な改良や工夫を凝らした快適な入れ歯も存在します。

入れ歯はどのような人におすすめなのか

歯を失った時には入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの対処方法がありますが、どの方法がおすすめなのかは患者様が何を重視するかで異なります。
そして入れ歯がおすすめとなるケースは、次のような点を重視する患者様の場合です。

外科処置を受けられない、受けたくない人

インプラントの場合は治療において手術が必要であるため、持病によっては治療を受けられない人もいますし、そもそも手術が嫌だという人もいるでしょう。
その点入れ歯は治療の過程で外科処置を行うことはなく、身体に負担が掛かるような治療もありません。

早く歯を手に入れたい

いち早く噛める歯を手に入れたい人にも入れ歯がおすすめです。
入れ歯はインプラントに比べて治療期間が短く、短期間で治療を終えることができます。
つまり、短期間で噛める歯を手に入れることができるのです。

手入れに手間を掛けたくない人

入れ歯は取り外しできるため、清掃しやすく手入れで不自由さを感じることがありません。
一方ブリッジは清掃しにくいですし、インプラントに至っては手入れを怠ってインプラント周囲炎になると脱落を招いてしまいます。

費用を安く抑えたい人

入れ歯は保険が適用されるタイプのものがありますし、自費の入れ歯においてもインプラントに比べて費用は遥かに安くなります。

歯を失ったまま放置することで起こるトラブル

歯を失った時に最もやってはいけないのが、そのまま放置してしまうことです。
たった1本の歯を失っただけ…中にはそう思う人もいるかもしれません。
しかし、そのまま放置してしまうと様々な問題が起こり、予想外の深刻な事態に陥ります。

噛み合わせが悪くなる

歯が抜けたまま放置することでバランスが悪くなり、隣接する歯が移動します。
これによって噛み合わせが悪くなってしまいます。

他の歯も悪くなっていく

歯が抜けた隙間に食べカスなどが詰まると歯周病やむし歯にかかりやすくなりますし、噛み合わせが悪くなることで他の歯に過剰な力が掛かり、ダメージを与えてしまいます。

体調不良を招く

噛み合わせが悪くなれば、顎の筋肉に悪影響を及ぼして顎関節症を招きます。
それ以外にも噛む筋肉に支障が出ることで頭痛や肩こりが起こります。

見た目が悪くなる

歯がない状態というのはとても見た目が良いとは言えません。
口を開けるたびに歯がない箇所が見えてしまい、周囲からの見た目が悪くなってしまいます。

入れ歯やインプラントに抵抗がある人へ

審美性を求めるならインプラント

保険適用の入れ歯は審美性が低く、場合によっては金具が見えてしまうことすらあります。
だからと言ってインプラントは抵抗がある…そう悩む人は少なくありません。
確かに、審美性を求めるならインプラントはおすすめです。

しかし、インプラントとなると費用も高額になり、治療内容や治療期間も大掛かりなものになります。
入れ歯の手軽さは魅力的だけど見た目や噛み心地が気に入らない、でもインプラントにはしたくない…そう思う人におすすめなのが、ノンクラスプデンチャーです。

ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャーは入れ歯の1種で、金属の留め金のない最新のタイプです。
金属を使用していない分、通常の入れ歯と違って金属アレルギーの心配もありません。
さらに軽い上に薄く、しなやかさを持っていてなおかつ丈夫という特徴があります。

従来の入れ歯のデメリットを克服

入れ歯のデメリットは主に次の5つです。

  • 見た目が悪く審美性が低い
  • 割れてしまうことがある
  • 金属アレルギーの対象になる
  • 装着の違和感がある
  • 食べられないものが多い

しかし、ノンクラスプデンチャーはこれらのデメリットを全て克服しています。
まず金属の留め金を使用していないため、入れ歯だと気付かれないほどの審美性を誇りますし、非常に丈夫な仕様になっているため、簡単に割れることはありません。

また、金属を使用していないために金属アレルギーとは無関係ですし、軽く薄く仕上がっていることで装着の違和感も少ないのです。
さらにガムや餅など、本来なら入れ歯にくっついてしまうものもつきにくくなっています。

このようにノンクラスプデンチャーは審美性にも機能性にも優れているため、従来の入れ歯やインプラントに抵抗を感じている人には特におすすめと言えるでしょう。
入れ歯と言えば「よく噛めない」、「目立つ」を連想する人が多いでしょうが、ノンクラスプデンチャーの場合それとは全く逆で、「よく噛めて目立たない入れ歯」です。

READ MORE