クリーニング

クリーニングの目的

クリーニング

歯のクリーニングの目的はむし歯や歯周病の予防で、特に痛みや違和感のない人ほど受けてほしい治療です。
最も、「痛みや違和感のない人ほどおすすめ」というのは矛盾していると思う人もいるかもしれません。
と言うのも、ほとんどの人は痛みや違和感がなければ歯科医院自体に行かないからです。

しかし、痛みや違和感があるのは既にむし歯や歯周病が進行していることを意味します。
歯科医院ではそうなる前に、つまり予防するためにできる治療というものがあるのです。
それが予防歯科というもので、クリーニングはその中で行う治療の1つです。

予防歯科とは

予防歯科とはむし歯や歯周病から歯を守り、健康に保つことを目的として診療科のことです。
つまりむし歯や歯周病を治すための治療ではなく、予防するための治療を行っているのです。
しかし、中にはむし歯や歯周病になってから歯科医院に行けばいいと思っている人も少なくありません。
しかしその考えは間違いで、症状が起きてから歯科医院に来ても治せますが、完治させることは不可能です。

例えばむし歯治療で削った場合、むし歯は治っても削った歯を元通りにすることはできないですし、削った箇所に入れた詰め物は年数が経つことで劣化して、またそこにむし歯を作ってしまうのです。
こうした理由から、歯の病気に関しては悪くなってから対処すると手遅れになる可能性があり、病気の発症や進行を予防する予防歯科を受けることが、歯を健康に保つ上で重要になってくるのです。

むし歯や歯周病とクリーニングの関係

むし歯や歯周病を予防するための予防歯科、歯のクリーニングはその治療の中で行います。
では、なぜ歯のクリーニングがむし歯や歯周病の予防に効果的なのでしょうか。
逆に言えば、なぜ歯のクリーニングを行えばむし歯や歯周病を予防できるのでしょうか。

プラークを綺麗に除去できる

むし歯や歯周病の原因菌は歯に付着しているプラークの中に存在しています。
プラークは歯の表面に付着しているヌルヌルしたもので、歯磨きで除去することも可能です。
とは言え、歯磨きではどうしても磨き残しが出てしまうのです。

一般的にはブラッシングだけの歯磨きの場合、除去できるプラークはおよそ6割と言われており、デンタルフロスや歯間ブラシを使用したとしても8割程度しか除去できません。
その点、歯のクリーニングを行えばプラークを完全に除去できるため、歯磨き以上の予防効果が得られます。

歯石を除去できる

プラークは一定時間経つと石灰化して歯石に変化します。
歯石の中にはプラーク以上に細菌が潜んでいますし、何より歯石は歯磨きでは除去できません。
そして、そんな歯石をも除去できるのが歯のクリーニングなのです。

歯石を放置すれば歯周病の原因になりやすく、同時に進行も早くなってしまいます。
さらに、歯の根元に歯石が付着しているのは見た目としても悪いですし、歯の健康と見た目を美しくするためにも、歯のクリーニングで歯石を除去することが大切です。

「プラークを残さず除去する」、「歯石を除去する」、歯のクリーニングではご自宅の歯磨きでは取り切れない汚れを除去できます。
当院では3ヶ月に1回の定期健診、クリーニングをおすすめしています。

年間で4回程度プロの目を通してケアすることで、高い確率で歯のトラブルを予防できるのです。
また、当院では保険診療・自由診療関係なく拡大鏡を使用してクリーニングを行っています。
最大10倍まで拡大できる医療用の特殊な拡大鏡なので、細かい歯石はもちろん、肉眼では見えない汚れまで除去できます。

予防歯科を受けるメリット

予防歯科を受ける最大のメリットはむし歯や歯周病を予防できることですが、それだけではありません。
他にも次のようなメリットがあるのです。

全身の健康に繋がる

むし歯や歯周病が進行すると、それに関係する細菌が全身に悪影響を及ぼして様々な病気を引き起こします。
例えば、虫歯の原因菌が脳や心臓に回ることで脳梗塞や心筋梗塞が起こる危険性があるのです。
このため、むし歯や歯周病を予防することは身体全体の健康に繋がります。

痛い治療をしなくてすむ

予防歯科を受けていても、むし歯や歯周病になってしまう可能性はあります。
しかし定期的に受けていれば、例えむし歯や歯周病になっても初期段階で発見して治療できます。
自覚症状がないほどの初期段階で治療すれば、治療内容も簡単なものですむのです。

歯を美しく保てる

むし歯や歯周病になってから治療すれば、例え症状は治まっても見た目は元通りにはなりません。
削った歯には詰め物が入り、進行した歯周病では歯肉が下がって老けて見えてしまいます。
つまり予防歯科でむし歯や歯周病を予防することは、歯の見た目の美しさを保つことにもなるのです。

一方、予防を怠ればこれらとは全く逆のことが起こります。
むし歯や歯周病の進行によって全身の健康に影響が出て、身体のあちこちで不調が起こるでしょう。
また、進行してから治療すれば治療内容も辛いものになりますし、治療期間も長くなってしまいます。

そして何より、最終的には大切な歯を失ってしまうことになるのです。
今まで予防歯科を受けていなかった人でも、決して手遅れではありません。
ぜひ当院で歯のクリーニングを受けてみてください。定期的に行えば、歯の健康を保つことは充分可能です。

READ MORE